2012年08月31日

日本の夏

怒濤の8月イベント続きでした。8/11の金沢夢街道でのBステージ。おっしょべまつりでの昼間の太陽にやられ、溶けそうな夏でした

若干後日報告などをのせたかったのですが、写真が手元にないぞという事で

二つの和の演奏は文だけで報告ですあせあせ(飛び散る汗)

永村幸治LIVEのチケットも販売になり、どんどん大きな公演に向けて近づいてきます。
夢街道では永村バンドで雨具の白山カントリーを演奏してもらいました。

バンドで演奏、ちょっとなかなかできないのでうれしかったです。そして雨具のCDもご購入いただきありがとうございました。

まさかのBステージについていくのが必死で、テンションが変でしたね。

バンドの皆さんや、、スタッフの皆さんの迅速なお片づけにすごく助けられ、なんとか撤収を終え、その日は終わりました。
新しく南部俵積み唄をアレンジしてお披露目出来ました。
今年は舞踊の方もいらっしゃるので 新しい曲が何曲か増えます。

11月9日、金曜日、今年は金沢市文化ホールでの永村幸治LIVEでお会いいたしましょう。


そして8/23のおっしょべまつり太鼓の祭典でのOTOSOUNDさんとの演奏。
4月に行ったステージにさらにおっしょべまつりの顔とも言えるおっしょべ節を新たにアレンジして
最後に演奏させて頂きました。

イヤーしかし、こんなにもたくさんの太鼓のチームがあるとは思ってもいなかったのでびっくり。
岩城さんはじめ助六メンバーのステージも本当にかっこいいです。

今回も高田さん、加賀山紋さんといっしょにセッション。
本番での太鼓の迫力は半端ないものがありました。ピアノで本番にそこまで訴える何か出せているか....。

日本人として今まであまり、なじみがなかった邦楽に 
奏者の皆さんとこうやって演奏やセッションの機会を経て
改めて奥深い日本ルーツをもっと知りたいなーと思いました。

今年は11月30日(金)に 民謡歌手・加賀山紋さんの公演、紋模様にピアノで参加させて頂く事になりました。
うーん。民謡の唄にピアノがどう切り込めるか。あるいは絡めるか。

いまはまだ自分の中で民謡に対しての断片が少ないのでもっと勉強したいと思います。

大変光栄でもあり、大きいプレッシャーでもありますが、とにかくがんばります。

追伸。
電話1(プッシュホン)が不調でこの前某携帯電話ショップでぼーっと順番まちをしていたら、

店員さんに「おっしょべでピアノ弾いてた人ですよねー?」と言われ「あ、っそうです。見られてましたか...。」
という会話がありました。
あんまり、そんな事言われる事がなかったのでその人にとっては、なんかしら印象に残ったんかな?
でもあの太鼓にまじって私の事を覚えていて下さったので若干よっしゃー。と心で密かに思っていました。
店員さん、丁寧な接客、ありがとうございます。





posted by NOBUE at 02:21| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289225588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。